2007年08月

9月に披露宴をする新郎。
新郎
「おじいちゃん、おばあちゃんに花を渡したいけどどんなんがいいですかねぇ」
私(司会者)
「プレゼントしてお家に持って帰ってもらってそのまま部屋に置いてもらえるように花束じゃーなく、カゴでオアシスに
花がさしてある…………アレンジメントがいいのでは?」
新郎
「そっかぁ、そーですね。持って帰ってもらった時に花瓶探さなくてもいいしーそれがいいなぁー」

って感じの話をしましたが
おじいちゃんおばあちゃんおもいの人って多いですね。

(=⌒ー⌒=)
孫って本間に可愛いって聞きますよねぇ。
さぁー本番どんか感じで受け取ってくださるかなぁ。
ヽ(´ー`)ノ

私が担当する方で人前式が増えてきました。

そこで私は、誓いの言葉は自分らしい(二人らしい)ものを考えてみてくださいと言っています。

せっかくの結婚式での誓いの言葉ですもの。
例えば…
新郎は、「家事も子育ても進んで協力します。」とか新婦は、「夕食の献立はなるべく手作りでかんばります」とか。
皆さんが聞いて笑顔でうなずいてくださって二人も守れそうなもの。
あたたかい式になるように!

ひょう と かみなり がすごいよ(゜o゜;)ってメールいただきました。

私は仕事中でしたが 今日は変なんお天気だったんですね。

でも暑い日が続いていたから ご褒美かも!

今日も朝から打ち合わせや司会やで忙しい1日でした。
自分にお疲れ様ヾ(^▽^)ノ

ランチを学生時代の友達と私の三人でした。12年ぶりだった。
子供も同じぐらいで話はその子供の結婚の事を含めて将来の事が主だった。
そろそろお互いに花嫁の 母になってもいい年。
現場で仕事をしている私はちょっと得意になってこの頃の現状を話してしまいました。(笑)
(^^ゞ
お互いに家庭を持ちながら、そとで仕事をしていて体に気をつけて頑張ろうと言いながらメールアドレスを交換して別れました。
学生時代にに戻れたようで(^-^)
いい1日でしたー。


さっそく今夜メールがきました。ヾ(^▽^)ノ。

「おばちゃん俺、9月24日に結婚決めたで。」

「まっ、おめでとう(=⌒ー⌒=)どこに決めたん?」
「〓〓に決めた!」
「あらっそう。なんでそこに決めたん?」
「料理が美味いって聞いたし食べに行ったら本間に美味しかったねん。俺たちぐらいになると友達の披露宴ありこち行って今この年で結婚となると、恥をかきたくないからやっぱりまず料理やで。ここの料理はいいで、うん。」
「まぁーまぁー納得のいく場所が見つかってよかったね」
「うん。よかったわ。何か責任を感じるようになってなぁーがんばるわ」
「そーやねー体を大事に頑張ってね。幸せに。」
「ありがとう。また電話するわ。v(^o^)」

ずいぶん前から知っていた息子みたいな彼からの電話でした。

彼も言ってたように料理ってお客様に気持ちが伝わる唯一のものです。
今週末あるところで婚礼料理の試食会の司会をしますが、皆さんに納得の中でいいお料理をえらんでいただきたいものです。
では、会場でお会いしましょう。
(~▽~@)♪♪♪

お客様から「その節はありがとうございました」とのハガキが事務所に届いていました。
そこによく書かれているのは突然のことにうまく対処していただいたという御礼がおおいですね。
続いてて、自分たちも楽しめました。とか
皆さんから「いい雰囲気で楽しめましたと言ってもらいました」等など…。私もスタッフあてなのに、自分の事のようにうれしいですね。(^-^)

秋もボイスクリエーションのスタッフいちがんとなってがんばりまーす。
(*⌒▽⌒*)

披露宴でジェット風船はしないほうがいいですね。
盛り上がりそうですが勢いよく飛んでグラスを割ったりします。
企画をしたかたは(以前も友達の披露宴でしたし…といわれるとアドバイスをしても難しいものですねー)そこまで考えていただけるといいのですがー。
また誰の物ともわからない風船がお料理に落ちたりして気分を害する人もいることを知っておいてほしいと思います。
司会者もそうですが、プランナーの方もなんでもかんでもOKではなく、そうゆうアドバイスはしていきたいものですねー。
お客さま皆さんに
「よかったよ」っといって帰っていただきましょうよ。
ちょっと生意気だったかなぁ?(^_^;)
経験者語る。(^^;)

お盆も事務所は休みませーん。何かありましたらお電話くださいませませ。
m(_ _)m
('◇')ゞ
暑いけど、夏は好きですね。

2ee82cd1.jpg神奈川県、鎌倉の方に
大船(おおふな)という所があります。
昨年秋にテレビを見ていたらジャガー横田さんご夫妻が授かりますようにと
ここに行かれ妊娠されたと紹介されていました。

その前の昨年の3月、「そんな事をなにも知らず何気なくお参りをしたら8月に妊娠がわかった」というカップルがその番組を見ていてビックリ。
で今日、お礼も兼ねて行きましたーって写メールをおくってくれたんです。
お天気にも恵まれて、またこの3月に産まれた子供と三人での旅。
いい旅になりますように。
この観音様は、大船駅のすぐ前にあります。

写メールからでも有り難さが伝わってきますね。
(*^.^*)

花嫁の手紙に書いて会った母の言葉。

「26年間ずっと、〓〓ちゃんはほしくてほしくて産んだ子なのよと母からいわれ、もういいよーと言ってきたけど本当は嬉しかったよ」
って母の方を見ながら読んでいらっしゃいました。
ほしくてほしくて産んだ子!
ジーンときました。(;_;)
両親の愛情をしっかり受け止めて嫁がれた花嫁
輝いていらっしゃいました。
((o(^-^)o))

↑このページのトップヘ