2008年09月

のどがぁ〜声がぁ〜と、窓を開けて寝てしまって………声がでずらいと聞くと
いよいよそんな季節がきたんだなぁ〜って感じです。

アナウンスの講習で綺麗にひらがなをだす事ってよく言ってるのですが、普段からの意識が大事ですね。
アクセントも普段からの意識が大事ですね。



今日も疲れたぁぁぁ。〜明日はまた朝からバタバタしそうです。はい。

とっても、素敵。

この頃、プロジェクターを使っての余興などが多い中今日はそのプロジェクターを使う事が全くなかった披露宴でした。
皆さんの祝辞や歌や余興での祝宴でしたが、これがなかなか温かくって。
祝辞の方は普段と同じように語りかけながら……笑いも入れながら………また、関西弁だったりと自然な感じでの内容でした。
子供さんの歌あり、ワイヤレスマイク片手に会場を動きながら、サザンの歌を熱唱される方がいたり、誕生日の方にサプライズで曲をかけ
お二人からプレゼントを渡されたり。
何をされても盛り上げて下さるお客様でした。
また、久々新婦のお手紙を代読しましたが、泣きそうになりました。

新郎さまも挨拶の時に涙を光らせながらでしたが、しっかり気持ちは伝えていらっしゃいました。

以前は友達だった、滋賀と大阪の二人が天王寺で、バッタリ再会をされお付き合いが始まり、ご結婚。凄いですね。

ご縁ですね。
おめでとうございました。ヾ(^▽^)ノ。

昨日の新郎さまからお礼のお電話をいただきました。

「鹿島さん、中学の先輩だったんですってね。もっと早く言って下さったらよかったのに〜」

「あっという間でしたが、とっても楽しかったです。彼女が綺麗でびっくりやら嬉しいやら〜」

「皆さんの笑顔に、よかったなぁ〜結婚式と、ずっと思っていました」
「ホントに昨日はきちんとお礼が言えなかったんで…………」などなど。

私もホットしました。いい出会いに感謝感謝です。人の喜びが自分の喜びにも感じられる。

こんな気持ちで司会をしてくださるスタッフを、続けて募集しています。
一緒にお仕事しませんか?

まずは、お電話を。
ボイスクリエーション・鹿島まで。
077ー551ー2501

高砂の席に置いてみました。
文章はオリジナルでお願いします。(私のきぼうです。)

ケーキの上に………♪…♪…♪。可愛かったですよ。
 
あっ、今日の新郎様が中学校の後輩だったという話。披露宴終了後言ったら、とっても喜んでくださって、私も嬉しかったです。
 
しかし、今日は大安吉日で沢山の方が結婚されましたが、お天気は可哀相にも思えました。
が、お二人は幸せいっぱいでした。
 
私も今、帰ってきました。おつかれ〜〜〜。

明日の新郎様から
さっきお電話をいただいたんですが、とってもお客様に気配りをされる方で。
安堵感がただよっている声、新郎様の頼もしい声でした。
明日もいい披露宴になるように、
頑張ります。っていうかぁー楽しみます、一緒にね。

実は明日の新郎様と私、中学校が同じなんです。この事はお伝えしていませんが。(笑)
だから、明日は中学校の後輩の結婚式なんですね。
終わってから
こそっと言おうかなぁ(*^.^*)。


PS
ブログを見て
メールいただいてありがとうございます。

これが、大船の観音様です。

台風も何とか直撃を免れたようでホッとしています。

週末の披露宴の進行を見ながら、打ち合わせをしたものをご両親にも見せていただいているかなぁ〜〜なぁ〜んて心配。
私が親になってみると、親はいつも子供の事を心配したりしているんだなぁってつくずく思いますね。
以前、お二人に
「親御さんにもこれをお渡しくださいね」と進行表をお預けしたら、親御さんからお電話を丁寧にいただき安心しましたとのことだったんですね。
不安なく、ご本人にはもちろんの事、ご両親にも当日を迎えていただきたいものです。

今、未来の司会者さんを育てています。人を育てる楽しさと大変さと責任を感じていますが、可愛くてたまりませんね。スクール生の皆さんの事は。
v(^o^)。

週末の花嫁さんから電話で「両親への手紙を書いたので聞いて下さいませんか?」と………。

声を聞きながら
受話器の向こうの新婦様の様子が(気持ちが)よく伝わってきて、ジーンときてしまいました。
ゆっくり、出来たらがんばって読んでほしいですね。
人柄がそのまんまのお手紙でした。

↑このページのトップヘ