2011年09月

これからのお客様に打ち合わせのお電話をさせていただくと
ゆっくりできるからと、平日の夕方からになることも少なくありません。
 
私達が
土日の昼間はどうしても、仕事をしているので、お客様には訳をお話してご協力いただいています。
 
今夜も、平日打ち合わせにご協力をしていただき、感謝です。
 
さあ、明日はお客様がとても多いご披露宴です。
お天気よさそうでホッとしています。
 
 
 

週末の新郎さまから、「最後の謝辞が…」
ってお電話を。

ご自分の話言葉で!
若輩者ですが…。
ご指導ご鞭撻…。
私たちでも使いませんもの。もっと自然な言葉がいいですね。

受付に置かれる物です
 
華やいだ感じになりそうですね。
新婦のお姉さんの先輩が作って下さったそうです。
嬉しいですね。
 

打ち合わせの時は、新婦さまは(後方中央)ロサンゼルスにいらっしゃって携帯でお話をした方です。
(新郎さまは、一時帰国されていて…)
とにかく、海外生活を楽しまれているという感じでした。
披露宴というよりはパーティーを楽しんでいただく!というかんじで進めていきました。
披露宴で感じた事は、アメリカ生活をされていても、日本人がもっている気配りがとってもある方だなぁ〜と強く思った事です。
 
 
 

よかった
 
いい映画でした。まだの方はお急ぎください。

おめでとう
 
お天気にも恵まれてよかった。
 
 

f28dcd42.jpg
新郎様も手紙を書かれました。
読ますに花束に添えて渡されました。

先日のコロッケさんのショーにお客様としてお見えになっていたかたが、「私、2年前までブライダルの司会をしていたのよ。だから、座っていても司会の人が気になるのよ」とのこと。
とてもお上品で素敵な方でした。

お歳も、おっしやってびっくり(゚ロ゚;)エェッ!?
72歳との事。(゚∇゚ ;)エッ!?
でも若々しくて、穏やかでおしゃれでいい刺激になりましたね。(☆゚∀゚)(o^∇^o)ノ

ご経験から、いろんなお話が聞けそうなきがしました。

今日、打ち合わせをした、新婦さまが、友達の結婚式で
式の最初にお母さんがベールダウンをされたのに感動して…
だから、わ た・し・も…って。
 
ベールダウン……
「花嫁のお支度としてこれまで愛してきたお母さまの最後のお役目。花嫁のベールを下ろし、お父様に娘を託し、そのお父様が新郎のもとまでエスコートをする」
お母さんの
ベールを下ろしながら
おめでとう。幸せに」という母の願いや、愛情がかんじられます。
 
いつみても、ジーンときますね。
 
 
 

作詞作曲者のさだまさしさんも絶賛
 
 
生て聞いて、よかった〜
久々、ジーンときた、歌でした。
 
(昨日14日、コロッケさんのショーのお手伝いをさせていただきました。)
 
ショー前の
リハーサルで、コロッケさんが歌っていらっしゃるのを聞いて、マネージャーさんに「これ、誰の歌ですか?」と聞いたら、「本人の…」って。
リハーサルで聞いていたら、良くって。初めて聞いて好きになり、CDを買っちゃいました。
 

↑このページのトップヘ