2017年10月

スタッフの報告から。
 
今日は
海外挙式からの披露宴でした。
今日のお2人は保育園の時からの同級生で、その頃からの思い出のお写真を、オープニングロールやお互いのパートナー紹介の時、ほかにもプロフィールムービーの時などたくさん宴中でご紹介されました。
 
余興は友人からのメッセージDVDの上映や、新郎のお兄様が新郎のウクレレ演奏で歌を歌われたり、新郎新婦にサプライズで新婦の家族の皆様がドレミパイプの演奏をされました。
思わぬサプライズに新郎さま感激されていました。

スタッフの報告から。
 
長浜八幡宮から(式後)人力車で会場まで来られました。披露宴では、
新郎新婦共にお手紙を読まれました。
新郎は号泣。新婦はうるうる。いいお手紙で感動しました。
新郎は、謝辞でも号泣。自分のことを情けない僕を愛してくれてありがとう。と。

 
スタッフの報告から。
 
お互いの友人きっかけで交際が始まったお2人でしたので、ケーキ入刀後、キューピッド役の友人2人に出てきてもらわれ、感謝を込めてケーキを一口食べさせてあげられました。
その友人からもサプライズで友人からのメッセージDVDや、教師の新郎様へ、生徒さんからのお祝いメッセージなどもあり、新郎新婦も感激されていました。
 
新郎新婦ともに両親への感謝の手紙も披露され、賑やかでありながら感動もある楽しい披露宴でした。

スタッフの報告から。
 
今日のお二人は3年前の4月に入籍されていて、3歳の女の子と11ヶ月の男の子2人のお子様もいらっしゃる新郎新婦でした。
披露宴入場はお子様も一緒の4人での入場、ケーキ入刀のあとの新郎新婦ファーストバイトのあとは、お2人からお子様達にも一口食べさせてあげられました。
お色直しは会場前でゲストに好きなお色のものを取って選んでいただいたクレールストーリアでの入場で、最後にキャンドルの裏にシールが貼ってある2人のゲストに新郎新婦からプレゼントも渡されました。
余興は新郎側友人の仮装されてのダンスでおおいに盛り上がり、あとは歓談中心の賑やかな披露宴となりました。

4424fa3f.jpgケーキの上にこんな可愛ものが。

↑このページのトップヘ