「新郎新婦とかけまして、ゴルファーの宮里と解く、そのこころは、愛が続くでしょう」

祝辞の最後に添えられました。