それは
 
それは
 
 
私の……名前でした。
名前でした。
 
(今日の、花嫁さんから両親へのお手紙の書き出しでした。とてもジーンとしました。)