週末の司会で、さっそくお客様からいただいたメールを一番先に鹿島へ(私)とスタッフが転送してくれました。

昨日のお客様から嬉しいメールをいただきました!
 鹿島さんに1番に報告したくてメールします↓
 
西川 様
 
 私たちの挙式・披露宴の司会をしていただき、ありがとうございました。新郎新婦や家族を気遣いながら式を進めてくださり、安心して楽しい時間を過ごすことができました。
 
 昨日の式では、西川さんの司会の上手さにただただ聞き惚れていました。新郎が間違えたときにすかさず笑いに変えてくださったり、入退場の時間が延びたらすぐに言葉で間延びしないようしてくださったり、花束贈呈・謝辞の際に会場の皆さんに感動を呼び込むよう言葉を補って下さったり・・・、素晴らしい司会業の姿は数えれば本当にきりがありませんでした。声のトーンや間の取り方、余韻、話す早さや言葉の数、その場その場での的確なお話ぶりなど、どれをとっても素晴らしく、人前で話す仕事をする私たちは「あんなふうに話せたら・・・。見習いたいなぁ。」と話していました。
 
 家族や親族、友人も「司会の方がすごく上手かったなぁ。声がとても耳なじみがよくて、聞いていてほれぼれした。」とか、「司会で式の印象は大きく変わると思う。すごくあたたかい式にしてくださっていた。」とか、「いい雰囲気の式になってよかったね。」と申しておりました。会場にいた皆様がとても満足してお帰りになって下さったことが何より嬉しいです。写風舘の皆様はもちろん、西川さんに司会を務めていただけてよかったです。
 
 司会の仕事の難しさは私にはあまりわかりませんが、マイク一つで会場の皆さんをたった一人で動かすことは大変難しいだろうなと思います。一人できりもりする大変なお仕事だとお察ししますが、これからも、新しく誕生する夫婦をたくさん幸せにしてあげてください。また、ご自身のお身体とご家庭も大切にしてください。すてきな時間を作ってくださり、ありがとうございました。
 
との事。‌嬉しいですね。
そして、いいお仕事をさせていただいていますよね。心からそう思います。